製品・サービスNavisia データ抽出ツール
製品・サービス

navisiaレポート・データ抽出ツール

ノンプログラミング データ抽出ツール
Navisiaデータ抽出ツールは、データベースに格納されているデータ(SQL Server)を簡単に
抽出・集計出来るツールです。
SQL Serverに蓄積された各業務アプリのデータやIoTデバイスから集めたビッグデータを
プログラムを作成したりSQL文を記述することなく、プレビュー・ファイル出力(CSV・Excel)作成が
行えます。(Navisiaレポートと連携することで、帳票も作成出来ます)
データの抽出・照会画面・帳票出力などを、ご自分で作成できるため、既存システムからのデータ抽出や、
新規システム開発のコストを削減することが可能です。
また、作成した抽出定義はメニューや他のアプリケーションから実行出来ます。

イメージ図
機能
【データ抽出】 マウスによる定義作成機能
グループ集計機能
クロス集計機能
データプレビュー機能
ファイル出力機能(CSV形式、テキスト形式)
カスタマイズ可能なメニュー機能
日本語オブジェクト名登録機能
ユーザー、グループによるアクセス制限機能
実行時の抽出条件入力機能
SQL文編集機能
コマンド実行機能
実行ログ出力機能
定義のエクスポート/インポート機能
【帳票デザイナ】 帳票デザイン機能(集計表、伝票、タックシール)
バーコード出力機能
プリンター詳細情報保存機能
印刷プレビュー機能
コマンド実行機能
マウスによる簡単操作
●定義作成画面

関連する複数のテーブルからデータ抽出を行ったり、複数の項目で集計を行う定義を作成出来ます。SQL文を記述することなく、マウスの操作のみで直感的にクエリの作成を行うことが出来ます。

●実行処理

実行画面では、CSV形式のみならずテキストファイル、Excelファイル、XMLファイル等の形式でデータの出力が行えます。 また、帳票デザイナで設定した帳票定義を使用することにより、データ抽出ツールから直接帳票の印刷を行うことが出来ます。

●プレビュー処理

プレビュー機能では、設定した定義で抽出したデータを一覧形式で見ることが出来ます。

●メニュー画面

保存した定義はメニュー画面から実行することが出来ます。
わかりやすい日本語名の使用

データベースのテーブルやフィールドに任意の名前を付けることが出来ます。データベースのテーブル名やフィールド名が英字でも、わかりやすい日本語名で定義を作成出来ます。日本語名は Microsoft Excel 形式のファイルから取り込むことも出来ます。

Navisiaレポートと連携し、帳票作成

データ抽出定義や入力データファイルをもとに、Navisiaレポートと連携して帳票デザインを作成出来ます。帳票デザインはグループ集計が可能です。また、タックシール印刷にも対応しています。

コマンドによる実行
データ抽出から帳票出力までの流れをコマンドで実行出来ます。スケジューラや他のアプリケーションから実行することが出来ます。

その他
・作成した抽出定義や印刷定義はNavisiaレポートメニューから起動する事が出来ます。(ログインユーザ毎にマイメニュー有)
・バーコードの出力が可能です。
※対応バーコード(JANコード(8桁,13桁), UPCコード(UPC-A/E), ITF(6/14/16/自由桁), コード39(CODE39), NW-7(CODABAR), コード128(CODE128), GS1-128(UCC/EAN128), カスタマバーコード, QRコード(モデル1/2), PDF417(標準/簡易))

 
 

お問い合わせ

ソリューション統括部 「Navisia データ抽出ツール」担当係
電話:027(372)3450

このページのトップへ