製品・サービスディスク容量監視システム
製品・サービス

ディスク閾値監視

ディスク容量不足によるシステム停止の予防に!!

ディスク使用量や特定のファイルを定期的に監視し、
使用量が閾値(しきいち)を超えるとメールで通知します。
低コストでディスク容量の不足によるシステム停止など様々なシーンに活用していただけます!

こんな時にお使いいただけます

  1. システムドライブの容量を監視し、OSの異常終了を予防
  2. フォルダを監視し、画像ファイルなどのデータ容量増加の把握と予防
  3. SQLServerの領域を監視し、データ容量増加を把握
  4. SQLServerのログ領域を監視し、ログの肥大化によるシステムダウンを予防
  5. Webサーバのアクセスログを監視し、ログ肥大化によるシステムダウンを予防
  6. 業務アプリと連携させ、更新処理が異常終了した場合の通知および把握
  7. ミドルウェアのログファイルやシステムファイルの制限値管理によるシステムダウンの予防(ORACLEのリスナーログ制限値2GBなど)

レポートイメージ

定期レポート アラートレポート

機能一覧

  1. 監視対象設定(ドライブ単位/特定のフォルダ、ファイル単位)
  2. メール送信先設定(メール環境がない場合プリンタへ出力可)
  3. 監視対象ごとにメール通知先指定が可能
  4. 閾値設定(%指定、サイズ指定)
  5. 月単位でのディスク使用状況の送付
  6. メール送信内容ユーザ設定
  7. 監視間隔設定

動作環境

  • WindowsServer2008 2008R2
  • windowsServer2012
  • .NET Framework 3.5.1以上

パッケージ価格

50,000円/台
※セットアップ費は別途
保守費用200円/月台

お問い合わせ

ソリューション統括部
ホームページ: 「ディスク容量監視システム」担当係
電話:027(372)3450

このページのトップへ