運行管理者が行う点呼業務をロボットが支援します。顔認証で本人確認を行い、アルコールチェッカーや免許証リーダーと連携することで、ロボットによる点呼支援を実現しました。
的確な指示・伝達が可能
点呼記録簿の自動作成
管理者が事前登録した指示・伝達事項を、ロボットがドライバーに確実に伝えます。
全ての乗務員に同じ内容を伝えることも、乗務員毎に内容を分けることも可能です。
配信時期や配信回数の指定も可能です。
ロボットが行った点呼の結果はクラウド上に保存され、点呼支援Webサイトから、点呼結果の閲覧と点呼記録簿のダウンロードがいつでも可能です。
顔写真をエビデンスとして保存
点呼結果のリアルタイム通知
顔認証およびアルコール測定中の様子をカメラで撮影しており、点呼記録簿と同様に結果の閲覧が可能です。
※東海電子様製 ALC-PROⅡとタニタ様製 FC-1200 のアルコールチェッカーと連携しており、選択が可能です。
点呼の異常時は管理者にPush通知を行い、どのような異常が発生したのかが一目で分かります。 Push通知にはSlackアプリケーションを利用します。
キーボックス連携による出発管理が可能
[Microsoft Cloud Robotics賞] 受賞!!
キーボックスとの連携(※)により、ロボットによる点呼が完了したときにトラックのキーを受け渡すことができます。
※別途オプション機能のご契約が必要となります。
Pepper版はAI・IoT機器連携ソリューションとして、Pepper App Challenge 2017 Autumn にて、「Microsoft Cloud Robotics賞」を受賞致しました。
点呼業務の一連の流れをロボットが支援します
点呼業務の流れ


Tenko de unibo

・プロモーションムービー
・点呼の様子


システム構成

システム構成


お問い合わせ

営業統括部 「ロボット点呼」担当

電話:027(372)3455
お問い合わせ

このページのトップへ