製品・サービス基盤構築サービス
製品・サービス

基盤構築サービス

お問い合わせ

サーバー・パソコン等を廃棄する場合・・・
 1.ディスク消去ソフトを使ってデータを消去する。
 2.強磁気によりデータを消去する。
 3.物理的に破壊しデータを読み出せなくする。

上記3つのいずれかの方法でデータ流失を未然に防止する必要がありますが、
弊社では最も簡単で確実性の高いディスク物理破壊を採用しております。

<公的機関でのガイドライン>
「パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関する留意事項」をご参照ください。
「パーソナルコンピュータガイドライン-安全・安心」(電子情報技術産業協会(JEITA))
「国民のための情報セキュリティーサイト」(総務省)


パソコン・サーバー等磁気ディスクを使用していたまま譲渡・廃棄すると残っているデータを第三者に予期しない用途に利用される恐れがあります。
また、悪用されなくてもPCリサイクルショップ等で中古ディスクとして販売され、企業情報が残っていたことが公表されるだけでも会社の情報セキュリティに関する信用は一瞬にして失墜してしまいます。

通常のファイル削除、ディスクのフォーマットだけでは、悪意の第三者によりデータを復元されることもあります。
「ディスク破壊サービス」ではディスクを物理的に破壊することにより、安全・確実にお客様のデータが外部に流失することを未然に防止します。

破壊作業はお客様に事前に準備いただいたお客様施設内での作業を基本としております。大事なデータはお客様の施設の中で破壊しますので輸送途中での紛失等の心配ありません。
作業終了後には、ディスク破壊前と破壊後の写真を掲載した「ディスク物理破壊報告書」を提出をさせていただきますので、結果も明確にご確認いただけます

◆ 「ディスク物理破壊」の作業にあたり下記内容をご了承ください。
 1.所有権がお客様以外(リース・レンタル等)の場合、事前に所有権者から
   「ディスク物理破壊」の許可を得てください。
 2.事前にお渡しする「ディスク破壊許可」シールが貼付されたものを対象とし貼付されて
   いない装置は対象外とします。作業中の貼付により追加も可能です。
 3.事前に対象装置を作業エリアに移動して置いてください。撤去・移動は、お客様作業で
   お願いいたします。
 4.破壊後のデータ復旧はできません。必要なデータの保全は移動前にお願いいたします。
 5.「ディスク物理破壊」は金属破壊のため騒音が伴います。
 6.装置は電動・油圧で動作するため、AC100V電源の使用を許可いただきます。


■ 物理破壊のイメージ
マウスポインタを写真の上に持っていくと、破壊後の写真をご覧いただけます




■ 「ディスク物理破壊報告書」への掲載イメージ
マウスポインタを写真の上に持っていくと、破壊後の写真をご覧いただけます




クリック クリック

お問い合わせ

技術サービス課  「ディスク破壊サービス」担当係
電話:027(388)1661

お問い合わせ
このページのトップへ