ニュース
2020年7月13日
東京海上日動リスクコンサルティング株式会社
株式会社ナブアシスト

AI ロボットを活用した運送事業者向け 新サービスの開始

東京海上日動リスクコンサルティング株式会社(代表取締役社長 嶋倉 泰造、以下「 TRC 」)と株式会社ナブアシスト(代表取締役社長 望月 明夫、以下「ナブアシスト」)は、 運送事業者向け 新サービスとして、AI ロボットによる安全指導 支援 機能を開発いたしました。 両社では、運送事業者 における 安全管理 と 生産性向上 ・ 働き方改革 に役立つサービスとして、 「運行管理支援 AI ロボット 」の普及に取り組んで参ります。

【 背景・目的 】

 労働人口の減少が進行する中で、運送業界におけるドライバー不足が社会課題として認知されるとともに、運行管理者の人材不足も深刻化しつつあります。加えて、働き方改革関連法の施行により、事務職である運行管理者には年間残業時間上限720時間が適用されるようになったため、運行管理者の長時間労働解消が急務となっています。
 こうした状況下で、運送事業者が「安全かつ持続的な輸送事業の継続」という社会的責任を果たすためには、現場の安全管理を担う運行管理者の人材確保および生産性向上・働き方改革の推進が不可避な課題となっています。
 TRC とナブアシストは、これらの課題の解決を通じて社会的インフラである運送業界を支えて行くことを目指し、AI ロボットを活用した革新的なソリューションの開発およびサービス提供に関する協業を進めて参りました。今般、TRC が長年培ってきた安全指導・教育のノウハウと、ナブアシストのAI ロボット活用技術を融合することにより、AI ロボットによる安全指導支援機能を両社が共同開発し、運送事業者向け新サービスとして7月より提供開始いたします。

【 サービスの概要 】

 ナブアシストのロボット点呼®(点呼支援機能=特許取得済み)に、今般両社が共同開発した安全指導支援機能を加えた「運行管理支援AI ロボット」を提供いたします。
 TRCは、東京海上日動火災保険株式会社の営業課支社および代理店のネットワークを通じて、全国のトラック・バス・タクシー事業者向けにサービスの提供を開始いたします。
 本サービスの提供により、運行管理者にとって負担が大きく、法令順守上の不備も生じやすい「ドライバーの指導・監督」「乗務前後の点呼」といった業務において、「抜け漏れ・誤りのない確実な安全管理の実現」と「運行管理者の負担軽減・生産性向上」を支援いたします。
 安全指導支援機能においては、AI ロボットならではの利便性・機能性の高さが特長となっております。TRCでは「Eラーニングを活用した安全指導」のサービスも提供しておりますが、AI ロボットを活用した安全指導との比較は以下の通りです。

※ 集合指導対応、高度な指導支援ついては10月頃に機能追加予定です。バージョンアッププログラム配信後、ロボットを再起動いただくことで即日利用可能となります。

【 今後の展開 】

 AI ロボットの機能拡張性を活かし、ドライバーの健康・体調管理や労働時間管理の機能もオプションサービスとして提供していく予定です。
 また、新型コロナウィルス等の感染症防止の観点からも、対面での点呼や指導の際の感染リスク軽減策として「運行管理支援AI ロボット」の活用方法を提案して参ります。
 引き続き、運送事業者のIT機器活用による生産性向上を支援するため、AI ロボット等の先進デジタル技術を活用した革新的なソリューションの開発に取り組んで参ります。

【 商標について 】

・記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【 関連Webサイト 】

・当社製品サイト「ロボット点呼」:
https://www.nav-assist.co.jp/products/goods/robot_tenko.html

<参考:運行管理支援AI ロボットのイメージ>

お問合わせ

東京海上日動リスクコンサルティング株式会社
運輸・モビリティ本部
電話:03-5288-6586 (担当:床尾)

株式会社ナブアシスト
営業統括部 ロジスティクス営業部
電話:027-372-3455(直通)


このページのトップへ